花粉症とセイタカアワダチソウ

花粉症基礎知識

本日は、花粉症とセイタカアワダチソウについて、お話しさせていただきます。

花粉症の原因のひとつ

花粉症の原因の一つにセイタカアワダチソウという草があります。

この草、茎の高さがかなりあって、1メートルから3メートルにまで成長するんだそうですよ。

しかも多年草だそうで、一年を通して花粉症の症状のセイタカアワダチソウが生えているといってもいいと思います。

もともとは北アメリカで生育されていた植物だったのですが、明治時代以降に日本では鑑賞用として作られていたのが、戦後には栽培しなくても河原や空き地などに急に増えて行って野生化して今は雑草のように野生化したセイタカアワダチソウを見ることができます。

10月〜11月が要注意

セイタカアワダチソウの花粉が飛ぶ時期というのは10月から11月ごろが主な花粉の飛散時期で、実はセイタカアワダチソウの生命力というのはとても強いといわれていて、日当たりがいい場所だったらどんな場所でも育つそうですから、花粉も飛びまくっているそうです。

10月から11月にかけて、なんだか調子が悪い人や、風邪を毎年同じ時期にひいているという人は、セイタカアワダチソウの花粉症かもしれませんから、注意して見るといいかもしれませんね。

河原や土手などでセイタカアワダチソウを見かけても花粉症の人は花粉を巻き散らかさないようにそっとしておくのがいいでしょう。

おわりに

当サイト、花粉症・アトピー対策室では、花粉症やアトピーに関するさまざまな情報について、網羅的に記事にし、ご紹介をさせていただいています。

今回の記事のほかにも、花粉症やアトピーについては、さまざまな情報を掲載しておりますので、ぜひ合わせて、関連記事などのリンクから、他の記事もご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

当サイトの、これらの記事が、悩まれている皆さんの少しでもお役に立てれば、当サイト管理者としても、とても嬉しい限りです。

ぜひ、他の記事もご覧頂きながら、引き続き当サイトを、よろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました