アトピーと馬油

アトピーの薬・治療法

本日は、アトピーと馬油について、お話ししようと思います。

あくまで民間治療

アトピーの人の民間治療法として馬油があります。

医療機関で処方される薬と違って、馬油は、民間の治療法ということになります。

ヒトの皮膚と同じ構成

馬油がアトピーにいい理由としては、まず不飽和差脂肪酸の比率が、馬油は高いと言われているので、他の動物の脂に比べると腐りやすいという特徴があるのですが、活性酸素除去作用や抗菌作用、血行促進といったことがアトピー性皮膚炎に効果があると言われているのです。

他にもヒトの皮膚と同じ構成でできている油ということもあり、皮膚の皮下組織の奥深くまで、しっかりと浸透してくれるということもアトピーの肌を保湿するのにとても効果的とされているのです。

治療ではなく保湿を目的に

アトピーの場合には、馬油をどのように使えばいいのかというと、馬油には、抗炎症作用があるのですが、それほどアトピーの治療に直接つながるほどの強さはありません。

なので、治療のために馬油をつけるのではなくて、ワセリンやクリームなどの代りとして、保湿を目的としてつけるといいと思います。

馬油の他にもアロマを混ぜ込んだり、竹酢液などを一緒に混ぜて、自分でオリジナルのクリームを作って、アトピーの保湿効果をアップさせるという方法などもありますので、自分で色々と考えてみてもいいかもしれませんね。

アトピーの治療にはステロイドが使われることが多いですが、治療の際にステロイドを使うことに抵抗がある人も多いと思いますから、その場合には、馬油を利用した民間療法で、アトピー対策をするのがお勧めです。

おわりに

当サイト、花粉症・アトピー対策室では、花粉症やアトピーに関するさまざまな情報について、網羅的に記事にし、ご紹介をさせていただいています。

今回の記事のほかにも、花粉症やアトピーについては、さまざまな情報を掲載しておりますので、ぜひ合わせて、関連記事などのリンクから、他の記事もご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

当サイトの、これらの記事が、悩まれている皆さんの少しでもお役に立てれば、当サイト管理者としても、とても嬉しい限りです。

ぜひ、他の記事もご覧頂きながら、引き続き当サイトを、よろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました