花粉症とレーシック

花粉症と生活

本日は、花粉症とレーシックについて、お話ししようと思います。

花粉症の人がレーシックを受けるときは注意!

これからレーシックの手術を受けようと思っている人の中には花粉症の人もいると思います。

レーシックの手術を受けるにあたっては色々と注意点があるのですが、その中の一つに花粉症があります。

レーシックというのは視力が回復するといわれている手術で、今多くの人が視力回復を目的としてレーシックを受けています。

花粉症の人はレーシックの手術を受けることができないというわけではありませんが、レーシックの手術を受けるのであれば、花粉症の時期を外す必要があります。

レーシックの手術を受けた後はだいたい1ヵ月は目をこすってはいけないことになっていますし、寝ている間に万が一こすってしまわないように保護のメガネも付けて寝るほどなんです。

そういったことから考えると花粉症の時期というのはそれでなくても目がかゆかったり充血したりしますから、レーシックを受けるには向かないのです。

花粉症の人は特に目をこすり可能性がありますから気をつけましょう。

受けるなら目の調子がいいときに

レーシックを受けるのであれば、目の調子がいい万全の時期に受けることをお勧めします。

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状が万が一年中出ているという人などはまずは医師に相談をしてからレーシックを受けるといいでしょう。

おわりに

当サイト、花粉症・アトピー対策室では、花粉症やアトピーに関するさまざまな情報について、網羅的に記事にし、ご紹介をさせていただいています。

今回の記事のほかにも、花粉症やアトピーについては、さまざまな情報を掲載しておりますので、ぜひ合わせて、関連記事などのリンクから、他の記事もご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

当サイトの、これらの記事が、悩まれている皆さんの少しでもお役に立てれば、当サイト管理者としても、とても嬉しい限りです。

ぜひ、他の記事もご覧頂きながら、引き続き当サイトを、よろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました